化粧品には白斑の危険性もあるので美白注射が比較的安全

化粧品によって美白するのが安全だと思っていませんか。
実は化粧品も白斑になる危険性があります。
美白を目的にした化粧品の中にはハイドロキノンの配合されているものもあります。
これは美容皮膚科などでもよく美白のために使われる薬です。
しかし美容皮膚科の場合は医師の診察の上で処方するのでいいのですが、化粧品の場合は誰でも購入できます。
その結果必要以上にメラニンが抑制され過ぎて部分的にまだらに白くなってしまうのです。
その部分は紫外線に対する耐性がなくなります。
美白注射の場合は比較してみるとこのような危険性が少ないのです。
美白注射は注射ですのでもちろん医師がしてくれます。
作用が働きすぎて白斑ができることもありません。
白斑ができる可能性のある美容液は比較的高価なものであることが多いのです。
効果のある成分はそれだけ危険性があるということを認識しなければいけません。
まだらに白くなってもきれいではありませんし本末転倒になります。

Copyright © 美白注射と化粧品.